鳥居忠雅

鳥居忠雅「権八」(肉筆)

絹本著色 明治〜昭和時代


芝居絵を得意とする鳥居忠雅が描いた、肉筆の浮世絵。

「権八」とは、江戸前期に実在した武士・平井権八で、講談や浄瑠璃、歌舞伎などでは、“白井権八”として登場します。

権八は元は因幡国(鳥取)藩士で、18歳の時に父親の同僚を斬殺して江戸へ退去。
新吉原の遊女・小紫と昵懇となるも、やがて困窮し、辻斬りを犯して人を殺し、金品を奪ったとされます。
普化宗・東昌寺に匿われ、尺八を修めて虚無僧となり、虚無僧姿で郷里・鳥取を訪れますが、父母が死去していたことから、自首。
25歳の延宝7年(1679)、品川・鈴ヶ森刑場で刑死。
小紫は権八の刑死の報を受け、東昌寺の墓前で自害したとされます。


権八のドラマチックな人生が、芝居の好題となったのでしょう。

桜の花びらが散るなか、権八が文を読む様子を描いたこの作品は、歌舞伎のワンシーンのように、物語性に富み、目前で舞台を見ているような臨場感があります。

細身で長身、切れ長で美しい目や、キュッと結んだ口もとなど、“イケメン権八”の姿や表情には、見どころがたくさんあります。

背景のハラハラと散る薄ピンク色の桜も、この物語の登場人物のはかない人生を暗示しているかのようです。

詳細画像


作家名

鳥居忠雅

作品

権八

落款

忠雅

印章

鳥居

時代

大正〜昭和

絹本著色

付属

合箱

価格

お問い合わせください

作品のご購入、買取について

古美術 景和では、伊藤若冲の作品(掛軸、水墨画)を多数取り扱っております。伊藤若冲作品のご購入・買取をご希望の方は、下記までお気軽にお問い合わせください。


メールでのお問い合わせ :
info@keiwa-art.com


お電話でのお問い合わせ :
03-6913-9940