作品

伊藤若冲「竹に雄鶏図」

▲パーマリンクとジャンル変更

 

DATA

作家名 伊藤若冲
作品名 竹に雄鶏図
時代 江戸時代(18世紀)
紙本墨画
本紙寸法 92.9 x 27.9 cm
総丈 170.0 x 31.0 cm
印章 「藤汝鈞印」(白文方印) 、「若冲居士」(朱文円印)
展覧会 出品履歴 ・生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲(京都市美術館)/2016年10月~12月
・いろトリどり ―描かれた鳥たち(福田美術館)/2019年7月〜10月

解説

クルンと曲がる竹先の表現も若冲らしい楽しい表現

スッと伸び、上部でくるりと曲がる特徴的な竹を背景に、正面を向いた剽軽な雄鶏。
鶏は若冲が生涯描き続けた画題で、これは40代半ば頃の作。
後の高度な表現技術の萌芽を感じる、初期の若冲の瑞々しい感性が顕著な作品です。

 

お問い合わせはこちら