作家別作品一覧

伊藤若冲


画業に対する敬虔で一途な姿勢と絵画表現に対する強い探究心・好奇心を持ち、ユーモア溢れる“若冲ワールド”を展開した江戸中期を代表する画家。

長沢芦雪


大胆な構図と自由でユニークな画風で、今や師の円山応挙をも凌ぐ人気を誇る鬼才の画家。

鈴木其一


江戸後期の琳派絵師。師の酒井抱一に見られる江戸琳派らしい優美な描写はもちろんのこと、斬新で独創的、写実的で洗練された表現も得意とする。

曾我蕭白


独創的で破天荒。精緻で新奇な表現。その豊かな才能と豊饒な技量が生み出す独自の世界観で、人気画家の仲間入りをした江戸中期の奇才。

中原南天棒(鄧州全忠)


豪放磊落で型破りな逸話は数知れず。力強く、気概に溢れ、しかもユーモア溢れる個性的な画賛が政治家・文人に広く支持された“明治の傑僧”。

魚屋北渓


江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎の高弟。肉筆画、色紙判摺物、狂歌絵本の挿絵などに数多くの秀作を残し、師の北斎の画法と良く似た画風が特徴。

鳥居忠雅


浮世絵師。日本画家。鳥居派四代目の浮世絵師・鳥居清忠の門人。芝居絵を得意とし、歌舞伎座の絵看板や番付などを描く。戦後は歌舞伎の演目をテーマにした木版画シリーズを展開。

隠元隆琦


宇治・黄檗山萬福寺を開創し、大陸の異国情緒あふれる書画や器物、料理、煎茶などの黄檗文化・美術を日本に伝えた、日本黄檗宗の開祖。

仙厓義梵


禅機図や祖師図はもとより、風俗・人物・植物・動物など様々なモチーフを用い、ユーモラスで楽しい画賛を通じて禅の教えと人生訓を説いた「博多の仙厓さん」。

白隠慧鶴


雄勁で自在な筆致で圧倒的な気魄と情熱、宗教的意味を込めた禅画墨跡を描き、人々に禅の教えを説いた日本臨済禅の中興の祖