伊藤若冲

伊藤若冲「梅図」

紙本墨画 江戸時代(18世紀)


大きく湾曲する梅の幹から、梅の枝が鋭角に折れ曲がるように伸びています。

幹のウロが特徴的で、目を引きます。

梅の花とつぼみがところどころに咲き、梅の老木が「まだ元気だぞ」と言っているかのように、生命のエネルギーを発しています。

曲線と直接の対比、老木と若いつぼみの老若の対比など、見どころがたくさんある作品です。

縦横に無尽に表現される力強い筆致は、若冲ならでは。最晩年まで筆を握り、精力的に描いた若冲さん自身を表現しているようにも見てとれます。

〈展覧会出品 履歴〉
・東日本大震災復興祈念「伊藤若冲展」(福島県立美術館)/2019年3月〜5月

詳細画像


作家名

伊藤若冲

作品

梅図

印章

「藤汝鈞印」(白文方印)
「若冲居士」(朱文円印)

時代

江戸時代(18世紀)

紙本墨画

本紙寸法

84.3✕30.0 cm

総丈

171.2✕32.0 cm

付属

合箱

価格

売却済

作品のご購入、買取について

古美術 景和では、伊藤若冲の作品(掛軸、水墨画)を多数取り扱っております。伊藤若冲作品のご購入・買取をご希望の方は、下記までお気軽にお問い合わせください。


メールでのお問い合わせ :
info@keiwa-art.com


お電話でのお問い合わせ :
03-6913-9940