「十句観音経」信仰のために掛けられた白隠の書

 

たっぷりとした墨で、大変力強く迫力ある筆致でかかれた書です。

通常、禅僧の書といえば、一筆で一気呵成に書くのですが、白隠禅師の書は、「絵」を描くように、文字を書いた後に、所々に墨で重ね塗りし、書に複雑な表情を付与しています。

「延命十句観音経」を勧め、広めた白隠禅師。

「延命十句観音経」とは、

「観世音、南無仏、与仏有因、与仏有縁、仏法僧縁、常楽我浄、朝念観世音、暮念観世音、念々従心起、念々不離心』というごく短いお経です。

その大意は「観音菩薩に帰依したてまつります。仏に帰依したてまつります。我らは仏と同じ因と縁をもっております。それは仏・法・僧の三宝とひとつにつながっている世界です。それは常・楽・我・浄の理想世界です。朝に観世音菩薩を念じ、夕べに観世音菩薩を念じます。その一念一念はすべて偉大なる一心から起るのであり、これを離れては何ひとつありません」となります。

本紙の中央に、濃墨で大きく書かれた「常念」の文字の持つ、たおやかで慈愛に満ちた姿と、その文字に沿うように薄墨で書かれた「観世音菩薩」の対比。

実は、「常念」が観世音菩薩で、「観世音菩薩」が菩薩に寄り添う“衆生”を表しているのかもしれません。

白隠が書き与えた「常念 観世音菩薩」は、「延命十句観音経」信仰のために掛けられ、実用品として使用されていたため、消耗や経年劣化が激しいものが大半です。

一方、本作品は状態が大変良く、大切に使用され後世に残されたことが伺えます。

作家名 白隠慧鶴
作品名 常念 観世音菩薩
時代 江戸時代(18世紀)
紙本墨書
本紙寸法 95.6 ✕28.4 cm
総丈 170.5 ✕ 38.4 cm
印章 「顧鑑咦」(関防印)、「白㥯」、「慧鶴」(朱文方印)
落款
付属 合箱
価格 売却済

 

お問い合わせはこちら