“唐様の書”を江戸中期の日本に広めた隠元の名筆

 

隠元禅師にとって観音は特別な存在で、二十三歳の時、南海普陀山で観音大士を禮して出家を発心したとされます。
特に観音菩薩を信仰しており、観音像への賛や、それにまつわる詩偈が多数、残されています。

隠元の名号書には、「南無観世音菩薩」と「観世音菩薩」の二種があり、信者へ与えたものが各地に遺存していますが、この作品もその一つでしょう。

当時、中国明代の文化の中心であった江南一帯に流行していた書画様式をよく表した、明るくのびやかな筆致で「南無観世音菩薩 隠元書」と書かれています。

隠元禅師は、同じく黄檗僧である木庵、即非で「黄檗の三筆」といわれ、その書は高い人気を誇ります。大陸的なおおらかさを感じさせるこの書は、今見ても新鮮でモダンな印象を受けます。

ましてや17世紀の江戸時代の人たちにとっては、驚愕と大きな関心をもって受け止められたことでしょう。 そんなことを想像しながら、いつまでも眺めていたくなる作品です。

作家名 隠元隆琦(いんげんりゅうき)
作品名 名号 南無観世音菩薩
時代 江戸時代(17世紀)
紙本墨書
本紙寸法 59.2 ✕ 19.5 cm
総丈 131.8 ✕ 31.2 cm
落款 隠元書
印章 「隆琦」(朱文方印)、「隠元之印」(白文袋印)、関防印「臨済正宗」(朱文楕円印)
付属 合箱
価格 売約済

 

お問い合わせはこちら