作家別作品一覧

伊藤若冲


画業に対する敬虔で一途な姿勢と絵画表現に対する強い探究心・好奇心を持ち、稚気に富んだユーモア溢れる“若冲ワールド”を展開した江戸中期を代表する新進クリエイター。

長沢芦雪


大胆な構図と自由でユニークな画風で、今や師の円山応挙をも凌ぐ人気を誇る鬼才の画家。

鈴木其一


江戸後期の琳派絵師。師の酒井抱一に見られる江戸琳派らしい優美な描写はもちろんのこと、斬新で独創的、写実的で洗練された表現も得意とする。

曾我蕭白


独創的で破天荒。精緻で新奇な表現。その豊かな才能と豊饒な技量が生み出す独自の世界観で、人気画家の仲間入りをした江戸中期の奇才。

中原南天棒(鄧州全忠)


豪放磊落で型破りな逸話は数知れず。力強く、気概に溢れ、しかもユーモア溢れる個性的な画賛が政治家・文人に広く支持された“明治の傑僧”。