鳥居忠雅

浮世絵師。日本画家。鳥居派四代目の浮世絵師・鳥居清忠の門人。芝居絵を得意とし、歌舞伎座の絵看板や番付などを描く。戦後は歌舞伎の演目をテーマにした木版画シリーズを展開。


取扱い作品一覧

その人生

鳥居忠雅(1904〜1970年)。浮世絵師、日本画家。

四代目鳥居清忠の門人。
明治37年に東京・本郷の薬局の長男として生まれる。
大正10年(1921)より四代目・鳥居清忠に師事、鳥居派の芝居絵を学ぶ。

昭和18年(1943)より歌舞伎座などの看板絵や番付を描き、第二次世界大戦後は、主に歌舞伎座、国立劇場などの看板板などで活躍。
昭和24年(1949)に鳥居家の姓を許される。

晩年はフランス・パリでの展覧会のための作品制作や著作を計画していたが、果たせなかった。

代表作に、木版画「隈取十八番 市川流一本隈 和藤内の図」(1941)や木版画「続隈取一八番 市川流火焔隈」(1943/東京国立近代美術館蔵)、木版画集『歌舞伎十八番』全三巻(1952)、木版画「歌舞伎姿暦」などがある。