魚屋北渓

江戸後期を代表する絵師・葛飾北斎の高弟として活躍した浮世絵師。
肉筆画、色紙判摺物、狂歌絵本の挿絵などに数多くの秀作を残し、師の北斎の画法と良く似た画風が特徴。