鳥居忠雅

浮世絵師・日本画家。浮世絵の鳥居派七代目当主で、四代目鳥居清忠の門人。
芝居絵を得意とし、歌舞伎座の絵看板や番付などを描く。
戦後は歌舞伎の演目をテーマにした木版画シリーズを展開。