ブログ「若冲に恋して」

『Pen』京都めぐり、アート探し特集で執筆&若冲作品を掲載しています



現在、発売中の雑誌『Pen』は「京都めぐり、アート探し」特集です。
私も京都ゆかりの画家(狩野永徳✕長谷川等伯、尾形光琳✕尾形乾山、伊藤若冲✕円山応挙、竹内栖鳳✕上村松園)や高麗茶碗、樂茶碗について執筆させていただきました。





「伊藤若冲✕円山応挙」のページでは、「犬」の比較で、景和コレクションの「狗子図」(伊藤若冲)も掲載されております。



二匹の犬が、重なるように密着して描かれています。
白い犬と黒い犬。

右上を見上げ動きのある白い犬と、こちらに背を向けてうずくまる黒い犬。
黒い首輪と白い首輪。
黒い耳と白い脚先。

二匹の白黒、動静の対比が楽しいです。
二匹の重なるシルエットが白黒の勾玉が合わさる「陰陽太極図」にも似ていますね。

同じ「犬」の画題でも、応挙の“ペット”のようなかわいらしい犬に対して、若冲さんの描く犬は、首輪をしていても、どこか野性的で、人間に媚びていない姿が特徴です。

若冲さんの犬図はあまり数が知られていませんので、貴重な作品といえます。

『Pen』特集:京都めぐり、アート探し。
発売号:2020/4/1号(No.493)
発売日:2020年3月15日
発行:CCCメディアハウス