中原南天棒(鄧州全忠)

中原南天棒 「案山子図」

絖本墨画 大正10年(1921)


田んぼに立つ案山子が、蓑と帽子をかぶり、弓に矢をつがえています。
賛に「たを終ても 弓矢を捨てぬ 案山子かな」とあるように、田んぼの米の収穫が終わり、もはや鳥害を防ぐ時期は過ぎているにも関わらず、弓矢を持ち、鳥を威嚇するように稲を刈り取った田に立つ案山子。そんな案山子を南天棒は頑張りやだと賞賛しているのかもしれません。
落款に「八十三歳」とあり、南天棒83歳の大正10年(1921)の作品。
絹本の中でも、光沢のある高級絵絹である「絖」に描かれたもので、南天棒にとって、特別な人のために描いた作品でしょう。
共箱付き

keyboard_arrow_down 詳細画像


作家名

中原南天棒(鄧州全忠)

作品

案山子図

作品番号

N-3

落款

八十三翁南天棒(花押)

印章

「南天棒」(関防印/白文長方印)
「白崖窟」(白文方印)
「鄧州」(朱文方印)

時代

大正10年(1921)

絖本墨画

本紙寸法

122.5×36.5 cm

総丈

192.2×49.5 cm

たを終ても 弓矢を捨てぬ 案山子かな

付属

共箱

価格

お問い合わせください

keyboard_arrow_down 作品のご購入、買取について

古美術 景和では、伊藤若冲の作品(掛軸、水墨画)を多数取り扱っております。伊藤若冲作品のご購入・買取をご希望の方は、下記までお気軽にお問い合わせください。


keyboard_arrow_down メールでのお問い合わせ :
info@keiwa-art.com


keyboard_arrow_down お電話でのお問い合わせ :
03-6913-9940