中原南天棒(鄧州全忠)

中原南天棒 「雲水托鉢」

紙本墨画 大正11年(1922年)


托鉢に言ってくる多くの雲水(修行僧)と、托鉢から戻ってくる雲水。南天棒はこの画題をいくつも描いており、人気のテーマだったことがうかがえます。この作品は、落款に「八十四翁 南天棒(花押)」とあることから、晩年の大正11年(1922年)作と分かります。 酸は「四海雲水 鉢盂如雷 烏藤圓笠 化幾村歸」。読みは「烏藤(うとう)に円笠、化して 幾(いくばく)か村に帰するや」。
意味は、「この世界にある雲水たちが、それぞれに托鉢の声をあげる。それはまるで雷のように高らかだ。 出家の後の、古びた杖に円い笠の雲水姿。果たしてこのうち何人が、姿かたちだけではなく、悟りを得て真の禅僧となって故郷の村に帰るのであろうか」。
南天棒の通称のとおり、南天の棒を持ち、厳しい教えで有名な南天棒が、若い雲水たちが立派な将来、立派な僧侶になり、勤めを果たすことを願いながらも、その難しさを苦慮する心情が表れる賛。
マンガのようなキャラクターと、行って帰ってくる姿が愛らしい。

keyboard_arrow_down 詳細画像


作家名

中原南天棒(鄧州全忠)

作品

雲水托鉢

作品番号

N-2

落款

八十四翁南天棒(花押)

印章

「南天棒」(関防印/白文長方印)
「白崖窟」(白文方印)
「鄧州」(朱文方印)
「鄧州」(游印/朱文印)

時代

大正11年(1922年)

紙本墨画

本紙寸法

129.0×32.2 cm

総丈

198.3×45.8 cm

四海雲水 鉢盂如雷
烏藤圓笠 化幾村歸 

付属

合わせ箱

価格

お問い合わせください

keyboard_arrow_down 作品のご購入、買取について

古美術 景和では、伊藤若冲の作品(掛軸、水墨画)を多数取り扱っております。伊藤若冲作品のご購入・買取をご希望の方は、下記までお気軽にお問い合わせください。


keyboard_arrow_down メールでのお問い合わせ :
info@keiwa-art.com


keyboard_arrow_down お電話でのお問い合わせ :
03-6913-9940