ブログ「日々是好日」

雨乞いならぬ豪雨除けに。蕭白の「雲龍図」を掛けてみました

関東は豪雨と雷で悪天候が続きました。

雨といえば、雲や雨雲を司る龍神さまにちなんで、曽我蕭白の「雲龍図」を掛けてみました。

image

■曽我蕭白「雲龍図」 紙本墨画 江戸時代(18世紀)

蕭白の雲龍図といえば、ボストン美術館の屏風絵が有名ですが、ボストンの雲龍図しかり、この雲龍図しかり、蕭白の描く龍は、どこか情けない感じの、剽軽な表情をしています。

伊藤若冲も雲龍図を描いていますが、こちらも、蕭白同様に“情けな系”。

当時の流行だったのでしょうか。

image

豪雨の際には、龍神様にお願いすべく、この「雲龍図」を掛けて、天気が良くなることを願いたいですね。

http://www.keiwa-art.com/artist/shohaku/index.html