ブログ「日々是好日」

「ZENGA 白隠と仙厓展」に行ってきました



滋賀の佐川美術館では、「白隠と仙厓展」が開催中です。
江戸初期の白隠禅師と江戸後期の仙厓さん。いずれも江戸時代を代表する禅僧です。
積極的に民衆の中に入って禅の教えを解き、ユーモアあふれる筆致で数多の禅画を描いた二人の代表作、傑作が集結しています。
今回出品した仙厓さんの「文殊菩薩画賛」も、キュートな姿で存在していました。







佐川美術館といえば、水をテーマとした建築と、十五代楽吉左衛門(直入)設計の茶室が有名です。





以前に雑誌でここの茶室の写真を拝見して、実際に見てみたいと思いつつ、その機会を逸していたのですが、今回、特別に案内していただきました。



石と和紙と木と水の組み合わせが独創的な茶室で、芦とガマの生える池の水面と畳が並行するように同じ位置に配され、外観がグンと迫ってきます。
透過度の高いガラスは存在感がなく、池の小島に座っているようでした。

常設展示の彫刻家・佐藤忠良さんの作品も素敵です
遠くに比叡山を望む静かな地で、新旧の美しいものに囲まれるのは至福の時ですね!





◎「ZENGA 白隠と仙厓展」
場所:佐川美術館(滋賀)
期間:〜12月1日(日)
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2019/03/zenga.html